自分で自力引っ越しをする場合

引越し費用を抑えたい方は、友人などに手伝ってもらい、業者などに依頼せずに、全部自分たちで引越しの作業をする手段があります。費用を抑える以外のメリットとしても、自分の都合で日にちや時間が選を選べます。荷物などの運搬に関してはレンタカーを借りて引越しをするのですが、近年の大手レンタカー業者は、家具や大型家電製品などを保護するキルティングや毛布を用意してくれますし、遠距離の引越しでも、車を返却するのは引越し先の最寄りの営業所に返却すれば良いので、非常に使い勝手が良くなっています。また、引越しの際の段ボール箱などはスーパーに行けば無料でもらえます。

 

もし手に入れることが出来なければ、引越し業者や大手運送業者に行けばダンボール箱の販売もしてくれます。梱包資材は100円均一ショップなどで買い求めることもいいでしょう。けれども、引越しの費用を抑えるために、手伝いを頼むからといって、タダでというわけにはいかないものです。お礼金や食事、引越し終了後の打ち上げなどで、逆に費用が高額になってしまったというケースも聞いたことがあります。

 

また、プロではない人ばかりの作業になるので、大きな荷物を運ぶ際に破損してしまったり、家の中にキズつけて修繕費を請求されるケースもあるでしょう。そのほかのデメリットとして、荷物の紛失や破損についての補償がありません。これらのことから、詳細をしっかり考えた上で自力による引越しにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。