北海道⇔新潟間の引越しを安く済ますには?格安業者探しはコレ!

hokkaido (15)

なんとなくチラシが入ってきたから・・のような適当にもう引越し業者を頼んでしまっていませんか?もしかして図星なら大損こく可能性が極めて高いかもしれません。なぜなら北海道-新潟間の引越しは『このくらい掛かります』と業者の営業スタッフにはじき出された金額を見て、あなたは正しく値頃感があるかどうか判断を行えますか?

hokkaido (17)

前回に頼んだことがある引越し会社が意外に安かったから、との経験からリピーターの方ももちろんいらっしゃるでしょう。ところが、その選び方は正しいとは言えません。大手、中小業者に限らず引越し価格にはある意味、タイミング次第のものなので前回安かったからと言って今回も安いとはならない可能性も高いのです。これが引越し料金は相場と言われる所以です。

hokkaido (1)

独身者に支持されているサービスとして単身引越しサービス(各社それぞれサービス名が異なっています)がありますが、単身の引越しであるからと言って、どうしても単身パックを使うのが最善ということではないことは認識をしておきましょう。コンテナなどに混載できるサイズの専用ボックスに入るだけの荷物を押し込むサービスを単身パックと呼んでいるのですが、仮に、1ボックス(パック専用)に入りきらない時にはもう1つ専用ボックスを追加することになり、ボックス×2の価格になってしまいます。こういうこともあるので単身パックが必ずしも万人向けではないという事実を確認しておきましょう。
hokkaido (2)

hokkaido (3)

hokkaido (4)

北海道⇔新潟県の引越し 簡単な入力で最安価格の業者を調べるなら! >>> Click!!

 

 

 

 

hokkaido (5)

ひとり暮らしをしている人に全国的な知名度を誇る日通のワンルーム・パックは距離が30㎞とされています。残念ながらワンルームパックは、北海道-新潟間では利用出来ません。「トラック帰り便」の利用は、業者次第で実現できるか決まるため、利用は厳しいという一面もあります。とはいえ例をあげると、遠距離引越しであれば格安引越しが実現できますので、「なんとしてもコスト削減したい!」そのような方にぜひ勧めたいです。

hokkaido (6)

荷物が家具だけであれば、関東か関西の一帯なら便には困らないと思いますので、気になる方はまず業者へ問い合わせると良いでしょう。これはあくまでも目安ですが世帯別の北海道-新潟間の引っ越しでは単身で5~10万円ほど、カップルで6~15万円ほど、3人・4人程度の世帯規模で10~25万円くらい、4人を超えるような世帯で15~40万円くらい、を標準目安として良いでしょう。※ただし一般論の相場金額と認識してください。

hokkaido (12)

hokkaido (9)

近々に北海道-新潟間の引っ越しをしなければならない時、頭から有名な会社に電話をして、他の選択肢を自ら無くすようなことは絶対に避けましょう。世間の相場では有名な全国規模の超大手会社はもちろん、安心できる気がしますが、その一方で地域の中小零細業者よりも高い引越し料金となります。相場的にはどのくらいの価格が妥当なのかは北海道-新潟間の他社の見積もり額を自分の目で確かめることが出来ます。

hokkaido (7)

hokkaido (8)

k4i7s

 

 

 

 

引越しは言ってみればオーダーメイドですからあなたの住まいや荷物量によってかなり違います。午前便(朝一便)というものがありますが、これはその日の業務開始時に行う引越し依頼のことです。AM8時~9時スタートが多いですが、引越し先や荷物が多いか少ないか等を事前に業者に伝達しておけば、終了の目安となる時間を知らせてもらえます。とはいえ、その分代金は他と比べても高くなります。

午前便の良いところは、その日業者が1番に行う作業であり、疲労が蓄積されていないため、それだけに事故が発生しにくいのです。続いて、作業開始は朝8時もしくは9時くらいと大方判明しているので、いつ業者が来るか頭を悩ませる必要がないのです。更に、正午までには作業はおおよそ終わってしまいますので、午後からは積荷の開封がスタートできます。

トラックが1つの引越し案件を片付けた後、帰社ついでに異なる顧客の荷物を運搬する輸送プランを「帰り便」と言います。転居先住所の距離があればあるほど、コストの削減に繋がります。しかしながら、業者のスケジュールに合わせた方法であるため、それでOKという依頼主用の引越の手立てです。

コメントは受け付けていません。