北海道⇔石川県間の引越しで最安料金の業者を知るにはコレ!

北海道-石川県間を引っ越すなら少しでも運搬費用が安価な引越会社にお願いしたいですよね。ですが、頻繁に住まいを替えるために引越しされているような方でなければ費用のおおよその相場も知るすべもないですよね。

hokkaido (15)

引っ越し会社から請求される金額は搬送する荷物と移動する距離から基礎が決まるはずですが、会社で高いところがあるのは割り当てるスタッフや運搬トラック、混載便や割り勘便などの運搬方法、午前便か午後便か時間指定なしなのか、おまかせパックなどのオプションなどによって価格に違いが出ます。引越し荷物の実際に対して過剰にスタッフを増員したり余分に大きなトラックを使ったりすると不当に高い請求金額になることも珍しくないようなので最低でも4・5社の見積もりを比較するのが良いでしょう。一人暮らしであっても所帯持ち並に荷物がある人や小さくない家具などが引越し荷物になる方は単身引越しパックを使うのは困難だと思った方が良いでしょう。

hokkaido (17)

単身赴任のような荷物量の場合でもピッタリのトラックで業者に運んでもらうのが安い引越しの奥義なのです。だからなのか、全国的知名度を誇る会社でもひとり暮らし用の定額の単身パックは提供せず、「要見積」としているところもあります(サカイやアートなどはこのタイプです)。

以下に目安としての価格を見てみましょう。世帯別の北海道-石川県間の引っ越しでは単身規模の世帯で¥60,000~¥120,000、夫婦のような世帯で¥100,000~¥200,000くらい、ファミリー世帯で¥150,000~¥300,000くらい、2世帯住宅のような規模で¥150,000~¥400,000を標準目安として良いでしょう。

hokkaido (1)

もちろんここで提示した金額は目安的な相場価格であると認識してください。引越しは言ってみればオーダーメイドですから個別の状況で引越し料金は違うことが普通なのです。週末や祭日に引越すよりも空いている平日に引越す方が料金が安くなることが通常のようです。祝祭日も平日と同じ価格だとしている地元業者もありますが、根本的にその業者の平日価格が安いのかどうかがこちらで分かりませんよね。やはり確かなことを知るには5社以上、できれば8社程度の北海道-石川間の見積もりを依頼して格安と言えるのかどうか見比べてみるのが最善の方法となるのです。

hokkaido (2)

hokkaido (3)

hokkaido (4) 

北海道⇔石川県の引越しで最安価格の業者の値段を知るにはコレ! >>> Click!!

 

 

 

 

hokkaido (5)

hokkaido (6)

ご予定の北海道-石川県間の引越しにおいて1番安い価格はいくらなのか?知っておきたいものです。なぜなら、「日通に頼んで引っ越しをする」と決定していても、他の業者の安い値段を知ることによって「C社とD社の価格はずっと安いんだけど!」こんな風に訪問見積もりに来た意中の業者に言ってみることによって苦手な人でも値段の交渉が出来てしまいます。

hokkaido (12)

hokkaido (9)

なんとなくテレビでCMを観たから・・・というように大雑把にもう引越し業者を頼んでしまっていませんか?もし、そうであれば大きな損失をする可能性が極めて高いかもしれません。もし、北海道-石川県間の請求金額が【この見積もり金額に鳴ります】と訪問見積もりに来た業者の営業マンに提示された見積もり料金を、あなたはどのように高い安いの判定を下すことが出来ますか?

hokkaido (7)

hokkaido (8)

k4i7s

 

 

 

 

 

hokkaido (14)

トラックが1つの引越し案件を片付けた後、会社に戻る道中に引越し荷物を運んでもらう輸送プランを「帰り便」と言います。旧居と新居が離れていればいるほどコストの削減に繋がります。そうはいっても、業者あってのプランになるため、それでも構わないという顧客に適したプランなのです。荷物の搬送方法には混載便やチャーター便等あります。遠距離の引越しでは都市と都市の組合せによって業者の得意とするところがあったりするので、そんな場合には北海道-石川県間の費用に安いところと高いところの差が激しかったりするので一括見積もり比較でしっかりとチェックしてみてください。「トラック帰り便」の利用は、業者のスケジュールに合わせる必要があるため、利用するのは正直いって難しいところです。そうはいってもたとえば、転居先が遠いところであれば相当コストを抑えられますので、「絶対に引越し代金を安くしたい!」という方に向いています。家具だけ引越す場合、関東圏もしくは関西圏なら便が無くて困ることはないので、関心がある人は、問い合わせの電話やメールを業者にしてみましょう。

コメントは受け付けていません。