引っ越し日の決め方

引越しは実行する日にちによって金額が変化するという実態があります。料金を少しでも安くしたいのなら気をつけておきたい、日時に関係するポイントについて考えてみましょう。まず、休日は避けるのが良いでしょう。一般の人にとって仕事休みの多い週末は人気があるので、休日割増があり引越し料金の3割程度高額になることがあります。

 

お休みを取るのがむづかしい人もいると思いますが、料金を安くしたいとお考えなら休日は出来るだけ避けることをおすすめします。逆に平日の場合に通常よりも安く請け負ってくれることがあるので、曜日にも注意してみてください。そして早朝や夜中は避けるのが良いでしょう。

早朝の時間にスパッと終わらせたい、または仕事後帰ってきてから始めるなどの引越しは、それぞれの事情があるかと思いますがが、これらの場合も3割程度の割増料金が上乗せされます。引越し先の方の迷惑にもなりかねないので、出来るだけ午前中から昼間に引越しましょう

また、業者の都合を優先して来てもらうフリー便や午後便は来る時間が分からないという不安な要素はありますが、かなり安いので考えてみる価値はありそうです。休日と時間帯考えるだけでも1万円前後の料金が安くなることがあります。さらに、繁忙期である3月、4月、5月は避けましょう。この時期は年間の3割の利益があるといわれるほど引越しする方が多い時期なので、たいがいの業者は割高な料金に設定しています。もしも状況が許すのであれば、この時期の引越しは避けて、別の料金が安い時期にゆっくりと引っ越のもいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。